ガスコンロのお手入れをもっと簡単に、もっとキレイに!
手軽にできるお手入れテクで、快適な毎日を演出しましょう。

油や水をはじめ、ガスコンロ周辺はいろいろな汚れが飛び散ったりこぼれたりする、
お手入れの難所です。汚れがつきやすく、目立ちやすいところだけに、普段から少しずつお手入れしておくのがポイント。 キレイをしっかりキープできれば、キッチンで過ごす時間もぐんと楽しくなりますね。

ガスコンロは凹凸があり、いくつかの部分に分かれているのが特徴。
布やスポンジのほか、ティッシュペーパーや歯ブラシ、竹串などを使って細かなところも定期的にお手入れしましょう。

① 天板(トッププレート)


使い終わったらすぐに、布かスポンジでサッと水拭きする だけでキレイになります。から拭きで仕上げれば、 さびも防止できます。


毎日のお手入れでは落としきれなかった汚れは、まとめてキレイに。 天板の種類によって使用する洗剤や道具を選びましょう。



■ ガラストップ

親水アクアコート処理されたガラストッププレートは、焦げやこびりついた汚れを水を垂らすことによって浮き上がらせる効果があり、 お手入れ性に優れています。台所用中性洗剤・水を含ませたスポンジ、布なので汚れたところをふき取ったあと、 洗剤や水が残らないように乾いた布で再度ふき取ります。取れにくい汚れの時は、 丸めたラップにクリームクレンザーをつけてこすりふき取ってください。

水または台所用中性洗剤を含ませたスポンジ、布などのやわらかいものでふき取り、 水分または洗剤が残らないように 乾いた布で再度ふき取ってください。
取れにくい汚れのときは、 丸めたラップにクリームクレンザーをつけてこすり、ふき取ってください。
またガラス部以外には使用しないでください。
※クリームクレンザーは常用しないでください。 (塗装のはがれ、色が薄くなる、光沢がなくなるなどの原因になります。)


■フッ素コートトップ・アルミトップ(フッ素処理・アルマイト処理)

薄めた台所中性洗剤・水を含ませたスポンジ・布などで汚れたところをふき取った後、 洗剤や水が残らないように乾いた布で再度ふき取ります。煮こぼれなどの汚れをそのままにしておくと、 こびりついて取れにくくなったりシミが残ることがあります。お手入れの際に固いものは使用しないでください。。


■ ホーロートップ

クリームタイプのクレンザーをつけて、スポンジで汚れをこすり取ります。汚れがこびりつきやすいので、早めのお手入れを。


■ ステンレストップ

布かスポンジで磨き上げるようにして汚れを取ります。表面の固いものを使うと傷がつきやすいのでご注意。 ヘアライン仕様トップではヘアラインに沿ってクリームクレンザーで磨き上げてください。

② ゴトク


スポンジに中性洗剤やクリームクレンザーをつけ、汚れを拭き取ります。お湯で流し、水気を拭いておきます。


水を張った大鍋にゴトクを入れ、10~20分火にかけます。汚れが浮き出たら火を止め、冷ましてからスポンジで汚れをこすり落とします。火傷には気をつけましょう。

煮沸後のゴトクはたいへん熱くなっています。 取り出しの際には、火傷にご注意ください。


③ バーナー

バーナー本体・バーナーキャップ

布で汚れを拭き取った後は、バーナーの穴に竹串を差し込んでお掃除します。目詰まりすると、点火不良や不完全燃焼の原因になることもあるので注意しましょう。

温度センサー

片手を添えて、水に浸し堅くしぼった布で頭部と側面の汚れをふきとってください。

立消え安全装置・点火プラグ

軽い汚れは、柔らかい布で拭き取ります。こびりついた汚れは、毛が柔らかい歯ブラシなどで凹凸部分をお手入れしてく



④ 点火つまみ・操作部

点火つまみ

中性洗剤に浸したティッシュペーパーを巻きつけてしばらく置き、汚れが溶けたら、水拭きで仕上げます。

操作部

操作部にも意外に油や水が飛び散っているもの。天板と一緒に簡単に水拭きしておくと汚れが残りません。


⑤ グリル

受け皿、焼き網

受け皿は、使うたびに、中性洗剤で水洗いしましょう。 焼き網は、水に浸け置きするか、中性洗剤をかけて5分放置した後、スポンジで水洗いしましょう。調理前に熱しておき、薄くサラダ油を塗っておくと、肉や魚がくっつかず、後片付けもラクになります。

フッ素加工の焼き網や受け皿はキズがつきやすいので タワシやスポンジたわしの固い面は 使用しないでください。
グリル庫内

軽い汚れは、やわらかい布などに薄めた中性洗剤を含ませて拭き取ってください。ガンコな汚れは薄めた中性洗剤を含ませた布かスポンジで、庫内の側面や底面を湿らせてください。しばらく放置し、汚れを浮かしてから拭き取ります。

洗剤の成分をしっかり除去するため、 必ず水拭きしてください。 必ず庫内が冷めたことを確認してから作業を行ってください。お手入れの際は、やけどやケガの予防として手袋をはめてください。

ノーリツワンポイントアドバイス
グリルのお手入れが終わったら、5分~10分間ほど空焼きを。汚れがつきにくくなります。
※空焼きの際は、焼き網と受け皿は必ず取り出してください。

空焼きをするときはグリルタイマーか キッチンタイマーなどを使用し、 必ず消火を確認してください。
前面パネル

汚れがひどくなったら、薄めた中性洗剤をつけたキッチンペーパーをガラスの内側と外側に貼りつけ、15分ほど置いてから布やスポンジで拭き取ります。

必ず、冷めてから行ってください。 熱い状態で行うとガラス割れ等、 故障の原因になります。


⑥ 排気カバー・排気口

カバーは取り外して、中性洗剤で水洗い。排気口は、お手入れ棒を差し込んで汚れを落とすと簡単です。

排気口をお手入れする時は、ガス栓を閉じ、 機器が冷えてから手袋をはめておこなってください。 火傷をする原因になりますのでご注意ください。


ページトップボタン